“広報ネタ” を出してみよう

プレスリリースのTips

プレスリリース ネタ探し
Yuumi Karube

広報のネタ探し

今回は、新人広報さんがぶつかりやすい壁についてのお話です。

その “壁” とは、「広報ネタが思い付かない!」ということ。

企業の広報の方から、「うちの会社では、新規サービスや商品のリリース以外に広報できることがありません」という声を聞くことがあります。

でも、本当にそうでしょうか? どんな会社でも、経営を続けている限り広報できるポイントはたくさんありますよ。

それでは、どのような内容が広報ネタになるのか、実際に見てみましょう。

企業広報でニュースになりやすい7つのテーマ

企業広報でメディアに取り上げられやすい内容には、下記の7つがあると言われています。

  1. 組織および人事関係
  2. 財務関係
  3. 事業関係
  4. 商品・サービス関係
  5. 販売促進関係
  6. 行事・イベント
  7. 地域社会との関連

(出典:藤江俊彦『現代の広報』, 同友館, 2002)


次は、「これらを自分の会社がリリースしたときに価値はあるか?」ということを考えていきます。会社の規模や事業の性質によって、ニュースになる内容は異なるものです。


例えば……

内部事情がニュースになるのは上場企業や大企業だけ!

規模の大きくない会社では、組織の変更や人事異動、財務状況についてリリースしたところで、ニュースになる可能性はほとんどありません。新規支店の設立なども同様。もし告知する必要があるときは、コーポレートサイトなどで行うのがよさそうです。

ちなみに上場企業では、これらは「適時開示」が求められる情報です。取り扱いには十分に注意して、プレスリリースを発表する前に外部にもれることがないよう、日頃から社員の意識向上を図るなどの対策が必要ですね。

既存のサービスや商品のアプローチを変えてみよう

新しい商品やサービスがニュースになりやすいのはもちろん、過去にプレスリリースを出したサービスや商品についても、アプローチを変えることで再び日の目を浴びることがあります。

それは、その商品やサービスの新たな活用方法を提案したり、使用や導入による効果についてリリースするような場合。

「この商品には、こんな利用の仕方もありますよ」

「このサービスの導入によって、◎ヶ月で◎%の売上げ向上が見込めました」

という事例を語ることができると、すごくいいニュースになりそうですね。

イベントは一石二鳥

イベントの開催が決定したときには、プレスリリースを出すことで取材の声がかかることがあるかもしれません。

また、イベント開催前はもちろん、開催後には事後レポートのリリースを出すようにしましょう。


当日は取材に来られなかったメディアにも、「ニュースに取り上げたい!」と思ってもらえる可能性があります。

ちなみに、イベントチームと広報の連携が取れていないと、「イベント開催を知ったときには数日前……」という悲しい事件が起こりやすくなります。

打ち合わせに呼んでもらえるよう、普段から伝えておくのが大事ですよ。

いくつかヒントをご紹介しましたが、“広報ネタ” というのはアンテナを張っていれば意外と落ちているもの。

業界を問わず他社のプレスリリースのチェックを毎朝の日課にして、どんなリリースを出しているのか参考にしてみましょう。